• チームニッコークリエイティブ

「リフォーム」と「リノベーション」の違い

リフォーム【reform】…手を加え改良すること。作り直すこと。


「リフォーム」とは、老朽化した建物を建築当初の状態に戻すことをいいます。

リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、古いものを新しくしたりすることを指します。

「設備や機能の回復」という意味合いとして使われることが多く、工事期間が短くコストも安いため、予算や工期を抑えて、最低限の機能性を確保したいときにはリフォームがおすすめです。外装の塗り直しや、システムキッチンやユニットバスなどの設備の交換、クロス・床などの内装工事、設備の変更、壁紙の張り替えなど、比較的小規模な工事がリフォームに該当します。



リノベーション【renovation】…刷新。改善。


一方、「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、住まいの性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。

壁の移動や間取りの変更、排水管の移動を伴うおおがかりな工事は、リノベーションと考えます。

生活の質の向上のために、プラスαで新たな機能や価値を向上させ、

住まいの空間をよりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて変更したりすることなどが含まれ、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、壁の一部を開口し、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。

住んでいる方の要望にあわせて自由自在にプランできるという魅力から、近年では非常に人気が高まっています。



新築物件を購入する場合と比べ、中古物件を購入しその後リノベーションした場合では、後者のほうが総額の費用を抑えられることも多いです。

予算やライフスタイル、優先したい要望、築年数、現在の建物の状態など、様々な面を考慮して打合せて、希望の実現につなげて行きます。ご自身に適した選択をするといいでしょう。


家の買い方、最適リフォーム、住宅ローンetc. 👇

ご相談承ります👇





閲覧数:6回